フジコンは創業50年の端子盤専業メーカーです。

Fujicon
  • ニュース
  • FAQ
  • アクセス
  • English
  • お問い合わせ

フジコン株式会社

  • TOP>
  • CSR・環境活動

フジコンCSRの宣言

CSRの基本理念 <CSRに対する考え方>

当社の事業活動は、お客様、地域社会の方々、取引先様、社員とその家族、そのほか関連する多くの皆様によって支えられています。

皆様から頂いている信頼があればこそ、電気の中継部品で「産業とくらしをつなぐ」という社業を全う出来、企業としての使命を果たし、且つ永続的に成長を続けていけるものと考えております。

皆様からの信頼を頂き続けるためには、法令等を遵守し、公正で、誠実で、透明性の高い事業活動を行ない、関わる人々の「幸せづくり。笑顔づくり。」に貢献する企業でなければなりません。

こうした認識のもと、従業員一人ひとりが各基本方針に則った事業活動を展開し、企業としての社会的責任を果たしていくことを目指します。

SDGsへ貢献する企業活動

※SDGs(Sustainable Development Goals):持続可能な開発目標
下記のサイトをご参照ください。

・外務省 JAPAN SDGs Action Platform
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html

・国際連合広報センター
https://www.unic.or.jp/activities/economic_social_development/sustainable_development/2030agenda/

 
「あらゆる場所のあらゆるかたちの貧困を終わらせる」 「飢餓を終わらせ、食料の安定確保と栄養状態を改善し、持続可能な農業をすすめる」 「あらゆる年齢の全ての人の健康な生活を確保し、福祉を推進する」 「全ての人への公平で質の高い教育と生涯学習の機会を提供する」 「世界中で女性と少女が力をつけ、ジェンダー平等を実現する」 「全ての人に持続可能な水の使用と衛生設備(トイレ、下水道など)を保障する」 「全ての人が、安くて安定的に発電してくれる、持続可能なエネルギー(太陽光、風力などの再生可能エネルギー)が使えるようにする」 「みんなが参加できる持続可能な経済成長を促進し、全ての人が職をもち、働きがいのある人間らしい仕事ができるようにする」 「災害に強いインフラをつくり、みんなが参加できる持続可能な産業化を進め、新しい技術を生み出し易くする。」 「国内及び国家間の格差と不平等を減少させる」 「全ての人に対し、都市と人間の居住地を安全かつ強靭な状態で持続可能にする」 「生産と消費のパターンを持続可能なものにすることを促進する」 「気候変動とその影響を軽減するための緊急対策を講じる。」 「海と海洋資源を守り、持続可能な利用を促進する。」 「陸の生態系を保護し、持続可能な利用を促進し、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地の劣化、生物多様性の喪失を阻止及び逆転する。」 「持続可能な開発に向けて平和で包摂的な社会を推進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供するとともに、あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築する。」 「目標達成のために必要な行動を強化し、持続可能な開発に向けて世界の国々が協力する」
    活動 主体部署                                  
企業ビジョン 1 事業継続
計画の推進
BCP
委員会
                被災からの復旧。               地域社会との連携。
2 照明
LED化
総務部                         電気の消費量低減。        
3 アイドリング
ストップ運動
総務部                         温室効果の軽減。        
4 空調機器
更新
総務部                         電気の消費量低減。        
5 サプール
応援
総務部 コンゴ共和国および周辺国の紛争終結。*「紛争鉱物」という名称の根絶。 コンゴ共和国および周辺国の紛争終結。*「紛争鉱物」という名称の根絶。 コンゴ共和国および周辺国の紛争終結。*「紛争鉱物」という名称の根絶。                         コンゴ共和国および周辺国の紛争終結。*「紛争鉱物」という名称の根絶。  
6 エコキャップ
運動
社会貢献活動
委員会
    発展途上国への医療支援。         障がい者の雇用創出。       ペットボトルキャップのリサイクル。 ペットボトルキャップのリサイクル。        
7 プルタブ運動 社会貢献活動
委員会
    障害者の支援。                 プルタブのリサイクル。 プルタブのリサイクル。        
8 シュレッダーゴミ
リサイクル
総務部               障がい者の雇用創出。       紙ゴミのリサイクル。          
9 献血推奨 社会貢献活動
委員会
    傷病者の支援。                            
10 地域環境保全活動 社会貢献活動
委員会
                          河川を介する海洋へのゴミ流出防止。 人造物等の回収とリサイクル。   地域社会との連携。
11 地域文化への貢献 総務部                     ふるさと夏祭りへの協賛           地域社会との連携。
12 学生インターン
シップ受入
総務部       中高生に社会体験の機会を提供。                          
13 小学生
「キャリア教育」
への貢献
総務部       将来のキャリア等を考える機会を提供。                          
14 情報発信 総務部 サプール応援をHPで発信。 サプール応援をHPで発信。 サプール応援をHPで発信。   女性中間管理職の活躍を日経紙に掲載。                     サプール応援をHPで発信。 サプール応援をHPで発信。
広報委員会         女性中間管理職の活躍が日経紙に掲載されたことをブログで紹介。             社会貢献活動委員会の活動をブロブで紹介。(エコキャップ,プルタブ) 社会貢献活動委員会の活動をブロブで紹介。(エコキャップ,プルタブ) 社会貢献活動委員会の活動をブロブで紹介。(地域環境保全活動) 社会貢献活動委員会の活動をブロブで紹介。(地域環境保全活動)   SDGsへの貢献活動ををHPで発信してグローバル協調の意思を表明。
事業ビジョン 15 技術開発 技術・品質
保証部
    人々が健康で豊かな生活を送るための機器を生産する顧客への新製品提供による社会貢献。
新技術搭載製品による顧客労働環境の良化促進。
    上下水道管理機器業界への新製品提供による社会貢献。 電力関連機器業界への新製品提供による社会貢献。 顧客への新製品提供による社会環境整備への貢献。 防災機器業界への新製品提供による社会貢献。   防犯・防災機器業界への新製品提供による社会貢献。            
16 製品設計 技術・品質
保証部
                    安全規格に基づく製品設計。(JIS/ULなど) 製品のライフサイクルを考慮し、リサイクル可能な材料の選定。          
17 製品提供 製造部     顧客への製品提供による社会貢献。     上下水道管理機器業界への製品提供による社会貢献。 電力関連機器業界への製品提供による社会貢献。 顧客への製品提供による社会環境整備の促進。 防災機器業界への製品提供による社会貢献。   防犯・防災機器業界への製品提供による社会貢献。            
18 事業排出物
処理
製造部                       排出物の分別とリサイクル。   不法投棄等の防止。 不法投棄等の防止。    
19 材料調達 資材部 紛争鉱物の非調達。 紛争鉱物の非調達。 紛争鉱物の非調達。含有化学物質管理。                 環境活動優良企業との取引促進。(グリーン調達の推進) 環境活動優良企業との取引促進。(グリーン調達の推進) 環境活動優良企業との取引促進。(グリーン調達の推進) 環境活動優良企業との取引促進。(グリーン調達の推進)   仕入先との連携。紛争鉱物非調達でのグローバル連携。
20 サプライチェーン
への展開
資材部 紛争鉱物の非調達。 紛争鉱物の非調達。 紛争鉱物の非調達。含有化学物質管理。         就業環境の改善。           環境活動優良企業との取引促進。(グリーン調達の推進) 環境活動優良企業との取引促進。(グリーン調達の推進)   仕入先との連携。紛争鉱物非調達でのグローバル連携。
職場ビジョン 21 労務管理 総務部         女性中間管理職の登用推進。                        
        産休・育休取得後の復職率向上推進。                        
      資格取得の奨励(報奨制度)による教育の推進。                          
                              内部通報制度と外部通報制度の確立。  
                  雇用機会の平等。              
22 スター経営 管理職会         多様性重視に基づく個性の発掘。     多様性重視に基づく個性の発掘。                  
23 健康経営 安全衛生
委員会
    「全社員一運動」の推進。
健康優良法人の認定取得。
運動施設の活用促進。
インフルエンザ予防接種。
        健康に就業できる環境。                  
24 働きがい向上
施策の推進
働きがい向上
委員会
              社内ディーセント・ワークの推進。                  
25 3S推進 3S委員会               安全に就業できる環境。                  
26 防災訓練 安全衛生
委員会
              安全に就業できる環境。 被災リスクの低減。               地域社会との連携。

1 人権・労働・安全

1.1 人権の尊重

基本方針
世界人権宣言などで定められた基本的人権は、国際社会共通の普遍的な価値であります。全ての事業活動において人権を尊重し、事業活動に関わる人々にとって、安全で働き やすい環境づくりに取り組むとともに、ダイバーシティ(個の多様性)を最大限に活かした事業を展開します。

1.2 労働安全衛生

基本方針
事業活動を支える従業員の幸福を尊重し、心身共に健全な状態で就業できるように、健康と安全に配慮した職場環境の整備と維持に努めます。

2 コンプライアンス・企業倫理

2.1 公正取引・腐敗防止

基本方針
自由競争における「公正さ」を尊重し、常に社会から評価される企業であるために、関連する法令等を遵守して適正な取引を推進します。
また、「法令順守」のみに止まらず「企業倫理」に基づいた広義の「コンプライアンス」を推進し、お客様・地域社会・取引先様・従業員等の信頼を得、社会に必要とされる企業を目指します。

2.2 紛争・暴力への非関与

基本方針
「紛争地域の非人道的武装集団」や「国際社会の平和と安全を脅かす国家・集団」をはじめ「国内外の反社会的勢力」の活動を助長する要因となる一切の関係を遮断します。 これは、恒久的な平和と安全を世界中の全ての人々が手に入れられることを目指すもので、企業理念である「幸せづくり。笑顔づくり。」を実現する一端であります。

3 品質・製品安全

3.1 品質・製品安全

基本方針
「お客様第一」を念頭におき、お客様に満足いただける商品を提供し、産業と「くらし」をつなぐ役割を果たすことで社会に貢献致します。

<品質方針>
(1)品質保証の原点は己にあり、全社総力を挙げてお客様の要求を満たすことに努める。
(2)社内標準化を推進し、品質の維持管理に努める。
(3)全従業員は常に問題意識を持ち、継続的な改善に努める。

4 環境・社会貢献

4.1 環境

基本方針
電子部品の開発・製造・販売会社として、地球環境に配慮した生産活動と製品の提供を通じて、広く社会に貢献することを目指します。
そして、「生命と地球に優しい」をスローガンに全ての活動について、環境に配慮し、積極的な環境保全に取り組んで参ります。

地球の温暖化、オゾン層の破壊、産業廃棄物、有害化学物質による汚染など地球環境を取り巻く問題を真摯に受け止め、環境関連の諸法律、規制、規程、当社が同意するその他の要求事項を遵守します。
また、自然景観や生態系の維持・回復活動に積極的な参画をすることで高い環境意識を培います。

その為に、環境負荷を低減させるシステムを創り運用することで、以下の事項に対し、継続的な改善及び、汚染防止に努めて参ります。

4.2 社会貢献活動

基本方針
当社は、電気の中継部品を社会に提供するという事業活動で、「産業とくらしをつなぐ」という使命を果たすことによって社会への貢献をしております。
事業活動外においても、自然環境・生活環境・文化等に対する保全・保護・継承を積極的に推進することで社会貢献し、近隣住民や地域を含む社会全体に必要とされる企業であり続けることに努めます。

5 リスクマネジメント

5.1 事業継続計画

基本方針
当社は、電気中継部品を通信・発電・防災・FA・鉄道・信号・自動車・HEMS等の幅広い業界に提供しております。 たとえ災害に見舞われた場合であっても、相応の社会的責任を担っていることを深く認識し、事業活動の停止状態を最小限度に止める義務があると考えております。
そのためには、従業員とその家族の安全確保に努め、従業員が安心して働ける環境を整備して雇用を確保します。
その上で、会社資源の保全を図り、お客様や地域社会の方々に対する社会的責任を果たし、安心と信頼を得て社会から必要とされる存在になります。

5.2 情報セキュリティ

基本方針
会社情報(個人情報・顧客情報・仕入先情報・社内情報等)が持っている価値を理解し、適正な管理を行ない情報の漏洩や不当利用を防止します。

5.3 内部通報制度

基本方針
企業活動における法令違反やコンプライアンス上の不正行為を認知した従業員、あるいは人権・労働上の侵害を被った従業員が、適正な窓口に安心して通報することが出来る制度を設けて、企業の自浄作用を維持します。

CSR推進体制

全ての企業活動によるSDGs貢献

1.貧困をなくそう。

  • ※コンゴ民主共和国(旧ザイール共和国)、コンゴ共和国などでは、永く内乱が続いています。金、銅、スズ、コバルト、タンタル、タングステン、ダイヤモンド、木材など、豊富な天然資源に恵まれた同国ですが、その豊富な資源の採掘権が一因となって1998年以降紛争が激しさを増してきました。同国および周辺9か国で紛争を起こしている武装勢力によって、多くの一般民が強奪・暴行・殺戮を受け、定住地からの避難を余儀なくされることで、経済的な安定を得ることが出来ておりません。貧困の根源を作っている武装勢力が、資金源としているものの一つが同国で産出される鉱物なのです。
  • 1.1 武装勢力の資金源となるルートでの材料調達を避け、紛争の抑制に貢献するような購買業務の実行をしています。(紛争鉱物管理)
  • 1.2 当社のサプライチェーンに対し、紛争鉱物使用の禁止を要求して、紛争の抑制に貢献しています。
  • 1.3 コンゴ民主共和国およびコンゴ共和国で平和に向けての活動をしている「サプール」を応援することで、両国と近隣国の”平穏”と”貧困の減少”を目指しています。

2.飢餓をゼロに。

  • ※前項に挙げたコンゴ民主共和国と同国周辺9か国の紛争による犠牲者540万人の9割以上が直接の戦闘ではなく、病気と飢えによるものでした。飢えによる栄養不良から病気の発生が加速している実態なのです。
  • 2.1 武装勢力の資金源となるルートでの材料調達を避け、紛争の抑制に貢献するような購買業務の実行をしています。(紛争鉱物管理)【上記1.1項に同じ。】
  • 2.2 当社のサプライチェーンに対し、紛争鉱物使用の禁止を要求して、紛争の抑制に貢献しています。【上記1.2項に同じ。】
  • 2.3 コンゴ民主共和国およびコンゴ共和国で平和に向けての活動をしている「サプール」を応援することで、両国と近隣国の”平穏”と”貧困の減少”を目指しています。【上記1.3項に同じ。】

3.すべての人に健康と福祉を。

  • 3.1 当社製品を搭載したお客様の機器が社会に提供されることで、同機器が人々に健康で豊かな生活をもたらす事に貢献しています。
  • 3.2 市場ニーズの高い機能・性能・効率を有する製品を開発してお客様に供給し、お客様の機器がより高い性能を有して、人々に健康で豊かな生活をもたらす事に貢献しています。
  • 3.3 製品への有害化学物質含有を排除・制限し、製品使用中や寿命を迎えた機器の処分に際して人体への影響を配慮した製品開発に努めています。
  • 3.4 有害化学物質含有に対する思想をサプライチェーン全体に表明し、協力企業の皆様と共に人体への影響を配慮した製品製造に努めています。
  • ※先の1項で述べました通り、コンゴ民主共和国および周辺9か国で紛争を起こしている武装勢力によって定住していた村を追われた一般民は、森や山へと避難を余儀なくされています。そこでは医療・医薬品・食料とのアクセスが希薄化してしまい、食事・栄養の摂取が不十分となり、マラリアをはじめとした様々な疾病を発症し、治療を受けることなく落命している実態があります。
  • 3.5 武装勢力の資金源となるルートでの材料調達を避け、紛争の抑制に貢献するような購買業務の実行をしています。(紛争鉱物管理)【上記1.1項に同じ。】
  • 3.6 当社のサプライチェーンに対し、紛争鉱物使用の禁止を要求して、紛争の抑制に貢献しています。【上記1.2項に同じ。】
  • 3.7 コンゴ民主共和国およびコンゴ共和国で平和に向けての活動をしている「サプール」を応援することで、両国と近隣国の”平穏”と”貧困の減少”を目指しています。【上記1.3項に同じ。】
  • 3.8 エコキャップ推進協会を通じてペットボトルキャップのリサイクルに貢献すると共に、同協会を介した発展途上国の医療支援に貢献しています。(エコキャップ推進運動)
  • 3.9 プルタブの回収を推奨し、障がい者支援を推進しています。(車イスの提供)
  • 3.10 献血を目的とした活動を推奨し、就業時間中における外出を承認しています。
  • 3.11 従業員とその家族の健康促進を目的に「全社員一運動」「インフルエンザ予防接種」「運動施設の利用契約」等を実行しています。
  • 3.12 従業員の心と体の健康促進と職場環境整備を推進し、健康保険組合から「健康優良企業<銀の認定>」を2019年に受賞しました。【健康経営】

4.質の高い教育をみんなに。

  • 4.1 報奨制度を伴なう資格取得を奨励して、教育・学習の機会を創出しています。
  • 4.2 高校生・中学生のインターンを受入れて、多くの学生に職場体験の場を提供しています。
  • 4.3 地元大田区の小学校で「キャリア教育授業」の講師を担当し、学生に製造業の素晴らしさや将来のキャリアを考える機会を提供しています。

5.ジェンダー平等を実現しよう。

  • 5.1 管理職・準管理職への女性登用を推進し、中間管理職(課長・課長代理)における女性比率は40%となっています。(2019年4月現在)
  • 5.2 産休・育休取得後の復職を支援し、復職率向上を推進しています。

6.安全な水とトイレを世界中に。

  • 6.1 上下水管理機器業界への積極的な製品供給により、安全な水の確保に貢献しています。

7.エネルギーをみんなに、そしてクリーンに。

  • 7.1 電力機器業界への積極的な製品供給により、電力の安定供給に貢献しています。
  • 7.2 HEMS(Home Energy Management System)機器業界への積極的な製品供給により、クリーンな電力の供給に貢献しています。

8.働きがいも経済成長も。

  • 8.1 本業であるお客様への製品提供こそが、経済活動への最大の貢献であると認識して事業の拡大と安定に邁進しています。
  • 8.2 事業活動の拡大によって、サプライチェーン全体における経済活動を増大させ労働の機会を創出しています。
  • 8.3 前述3.8項に挙げたエコキャップ推進運動では、主催団体を介して障がい者の雇用創出にも貢献しています。
  • 8.4 従業員の多様性を重視した「スター経営」によって、働きがいのある職場創出に取り組んでいます。
  • 8.5 「職場ビジョン」に基づく「健康経営」により、健康に就業できる職場の創造に取り組んでいます。
  • 8.6 「働きがい向上委員会」を運営して、労使協調して働きがいを感じる職場づくりに取り組んでいます。
  • 8.7 「安全衛生委員会」を運営して、法令の順守と安全で衛生的な職場づくりに取り組んでいます。
  • 8.8 「3S委員会」を運営して、安全な職場づくりに取り組んでいます。
  • 8.9 シュレッダーゴミを就労支援事業所へ提供することで、障がい者の雇用創出と就労支援に貢献しています。

9.産業と技術革新の基盤をつくろう。

  • 9.1 防災機器業界への積極的な製品供給により、災害に強い環境づくりに寄与することで産業化を促進して、新しい技術を生み出しやすい社会づくりに貢献しています。
  • 9.2 「BCP委員会」を運営して、社内防災意識の向上を図ることで、災害に強い地域づくりに貢献しています。
  • 9.3 「安全衛生委員会」を運営して、防災訓練・避難訓練等を通じて社内防災意識を向上しています。

10.人や国の不平等をなくそう。

  • ※人や国の差別は、人種・性別・所得・民族・宗教・機会・障がい・嗜好など数多の理由から根強く存在しています。持続可能な開発を達成して、全ての人々がよりよい生活をしていく為には、障害となっている不平等を是正し、人々の達成感や自尊心を満たしていくことが必要です。
  • 10.1 人種・性別・民族・宗教・嗜好・障がい等による雇用機会の差別を行なわない雇用を実施しています。
  • 10.2 前述5項に挙げたジェンダー平等を実行しています。

11.住み続けられるまちづくりを。

  • 11.1 防犯・防災機器業界への積極的な製品供給により、災害に強いまちづくりに貢献しています。
  • 11.2 JISやUL等の安全規格に基づいた製品設計を行なうことで、災害を発生させない製品を社会に提供しています。
  • 11.3 「地域環境保全活動」「ふるさと夏祭りへの協賛」等を通じて、事業場の所在する近隣地域との協調関係を高めて防犯・防災力の高い地域づくりに貢献しています。

12.つくる責任、つかう責任。

  • 12.1 製品のライフサイクルを考慮し、リサイクル可能な材料を選定した製品開発行なっています。
  • 12.2 事業排出物は適切に分別して、リサイクルと適正処分を確実にしています。
  • 12.3 環境配慮に優良なサプライヤーとの取引を推奨して、資源消費に責任を負う購買活動を実践しています。(グリーン調達)
  • 12.4 前述3.8項に挙げたエコキャップ推進運動において、リサイクルの推進と共に従業員への環境意識向上の啓蒙を図っています。
  • 12.5 前述3.10項に挙げたプルタブ回収活動において、リサイクルの推進と共に従業員への環境意識向上の啓蒙を図っています。
  • 12.6 長寿命製品の開発により、社会での廃棄機会を減少させることで、廃棄物削減に貢献しています。

13.気候変動に具体的な対策を。

  • 13.1 前述12.3項に挙げた通り、環境配慮に優良なサプライヤーとの取引を推奨して、化石燃料の消費による地球温暖化減速に貢献しています。
  • 13.2 全事業所において、照明器具をLED化して電気の使用量を抑制することで、化石燃料の消費による地球温暖化減速に貢献しています。
  • 13.3 全事業所において、空調機器を省エネ機器に更新して電気の使用量を抑制することで、化石燃料の消費による地球温暖化減速に貢献しています。
  • 13.4 営業車並びに事業場への来訪者に対し、アイドリングストップ運動を啓蒙して、化石燃料の消費を軽減することで地球温暖化減速に貢献しています。
  • 13.5 前述3.8項に挙げたエコキャップ推進運動でのリサイクル推進により、プラスチック生成エネルギーの軽減に貢献しています。
  • 13.6 前述3.10項に挙げたプルタブ回収活動により、アルミニウム精錬エネルギーの軽減に貢献しています。

14.海の豊かさを守ろう。

  • 14.1 事業排出物は最終処分に至るまでのフローを把握して、不法投棄等による海洋汚染を防止する確実な処理を行なっています。
  • 14.2 前述12.3項に挙げた通り、環境配慮に優良なサプライヤーとの取引を推奨して、海洋資源の適切な保護・活用に貢献しています。
  • 14.3 社会貢献活動委員会が主導する「地域環境保全活動」において、事業所近隣の清掃活動を展開し、特に投棄人造物の回収に注力して、河川を介した海洋へのゴミ流出を削減しています。

15.陸の豊かさも守ろう。

  • 15.1 事業排出物は最終処分に至るまでのフローを把握して、不法投棄等による土壌汚染を防止する確実な処理を行なっています。
  • 15.2 前述12.3項に挙げた通り、環境配慮に優良なサプライヤーとの取引を推奨して、陸上資源の適切な保護・活用に貢献しています。
  • 15.3 社会貢献活動委員会が主導するにおいて、事業所近隣の清掃活動を展開し、特に投棄人造物の回収に注力して、陸上生物の生態系維持・回復に貢献しています。

16.平和と公正をすべての人に。

  • 16.1 上記1.3項に挙げたサプール応援活動の趣旨通りです。
  • 16.2 法令順守違反・ハラスメント等の内部通報者に対して不利益な扱い(報復人事・中傷・人事評価等)が生じない様、経営者との直接的コミュニケーションを持つことが出来る体制を整え、秘密の保持を確実にしています。

17.パートナーシップで目標を達成しよう。

  • 17.1 SDGsへの貢献を意識した活動の展開をしている実状をホームページに掲載して、広く国際協調の意思表明をしています。
  • 17.2 紛争鉱物管理においては、ドット・フランク法(米国)に準拠した管理を実施してグローバル協調を実践しています。
  • 17.3 「地域環境保全活動」「ふるさと夏祭りへの協賛」等を通じて、事業場の所在する近隣地域との協調関係を高めて目標達成を目指しています。

事業によるSDGsへの貢献

持続可能性を重視するSDGsでは、本業そのものにSDGsの考え方を組み込むことを前提にしています。 従って、ボランティアや寄付ではなく、事業を行い、企業が収益をあげることが同時に社会や地球環境の改善につながるようなビジネスモデルが求められています。当社製品は、幅広い業界で使用頂いており、それぞれの業界で活躍されるお客さま方が「持続可能な開発」に貢献しておられることを確信しながら、より大きく寄与していけるように本業に専心しております。その先にこそ、当社と関わる全ての人々の『幸せづくり。笑顔づくり。』があり、まさに企業理念に適う行動が本業にこそあるものと考えております。

SDGs17の目標に対し、事業自体において以下の活動で貢献しています。

  • ①武装勢力の資金源となるルートでの材料調達を避け、紛争の抑制に貢献するような購買業務の実行をしています。(紛争鉱物管理)
  • ②当社のサプライチェーンに対し、紛争鉱物使用の禁止を要求して、紛争の抑制に貢献しています。
  • ③当社製品を搭載したお客様の機器が社会に提供されることで、同機器が人々に健康で豊かな生活をもたらす事に貢献しています。
  • ④市場ニーズの高い機能・性能・効率を有する製品を開発してお客様に供給し、お客様の機器がより高い性能を有して、人々に健康で豊かな生活をもたらす事に貢献しています。
  • ⑤製品への有害化学物質含有を排除・制限し、製品使用中や寿命を迎えた機器の処分に際して人体への影響を配慮した製品開発に努めています。
  • ⑥有害化学物質含有に対する思想をサプライチェーン全体に表明し、協力企業の皆様と共に人体への影響を配慮した製品製造に努めています。
  • ⑦上下水管理機器業界・電力業界・防犯防災機器業界などへの積極的な製品供給により、安全な水・電力の安定供給・衛生確保や安全な街づくりに貢献しています。
  • ⑧上記のインフラ整備貢献によって、産業化を促進して、新しい技術を生み出しやすい社会づくりに貢献しています。
  • ⑨製品のライフサイクルを考慮し、長寿命やリサイクル可能な材料を選定した製品開発を行なっています。
  • ⑩事業排出物は適切に分別して、リサイクルと適正処分を確実にしています。
  • ⑪環境配慮に優良なサプライヤーとの取引を推奨して、資源消費に責任を負う購買活動を実践しています。(グリーン調達)
  • ⑫事業排出物は最終処分に至るまでのフローを把握して、不法投棄等による海洋汚染・土壌汚染を防止する確実な処理を行なっています。