ただならぬ製造業

日本一の紳士・淑女が集う製造会社
フジコン株式会社が誇るスター社員

STAR PROJECT
スタープロジェクト

フジコン の企業理念「幸せづくり。笑顔づくり。」。
お客様、取引先様のみならず、地域社会、そして社員とその家族の幸せと笑顔。
幸せづくりと笑顔づくりこそ、フジコンの存在意義だと考えます。
そしてこの想いはどんなに社会環境が変わり市場ニーズが変化しても不変なもの。100年経っても必要とされる企業像こそ、フジコンの目指す「幸せ創造企業」なのです。

この理念への推進力となる人材にフォーカスする取り組みがフジコンのSTAR PROJECT(スタープロジェクト)。
社員それぞれが持つ様々な「スター性」を発掘。
それを見える化し仕事に活かせる「価値」にまで昇華させる。

製造業という業種の枠にとらわれないバラエティあふれるスター性を持つ社員たちこそ「ただならぬ製造業」フジコンのエネルギー源であり、このエネルギーを創り出す取り組みこそがSTAR PROJECT(スタープロジェクト)です。

  • サムネイル歌姫
  • サムネイル加藤ひかる
  • サムネイル小林絵里
  • サムネイルZERO1

若手勉強会

フジコン の目指す、100年経っても必要とされる企業像「幸せ創造企業」は社員の活躍無くしては進みません。この推進力の起爆剤となるべく「若手勉強会」がスタートしました。
「若手勉強会」は、若手社員全員が未来の自分とフジコンを想像し、理想の自分と、職場をイメージする事で、自身で考え行動する人材になれる事、共に学び育つことを目的として、運営メンバー4名で立上げた勉強会です。フジコン はこの「若手勉強会」など社員の自発的な取り組みを起爆剤として常に前へ前へと進んでいます。

第1回若手勉強会
これまでの50年と、10年後の自分を想像する
第2回若手勉強会
フジコンの弱みと強み
今後
若手勉強会からの取組み

STAR PROJECT
スタープロジェクト

歌姫

歌姫
Utahime

  • 主任
  • スター社員

プロの音楽プロデューサーから歌唱力を絶賛。
弊社の理念動画で流れている歌「フジコンファミリー」のメインボーカル。

加藤ひかる

加藤ひかる
Hikaru Katou

  • システム管理室
  • 係長
  • マナー講師
  • マナー向上委員会委員長
  • 日経xwomanアンバサダー
  • スター社員

システム管理者としての職務を担いながらマナー研修講師も行うフジコン きってのスター社員。「なぜ、製造業なのにマナーなの?」と思われるかもしれません。その答えはフジコン が「日本一の紳士・淑女が集う製造会社」を目指すようになったからなんです。

フジコンは世界一オシャレなジェントルマンたち「サプール」を応援しています。彼らはオシャレなだけではなく「服が汚れるから戦わない」という平和へのメッセージも同時に発信しており、この文化が私たちフジコンにぴったりマッチし、この文化に触れる機会をいただきました。

その後、社内にマナー向上委員会が設立され、私は初代委員長を拝命。それからは全社マナー研修を企画し実施したり、社内標準化のマニュアルを作成したり、その定着化活動などを中心になって取り組んできました。

私が紆余曲折の経験の中で体現したマナーの重要性を「マナーを通しての課題解決」に昇華し、多くの方々のお役に立ちたいと考えるようになり、志願して教育・訓練を受けてマナー講師に。今はその志をフジコン とともにカタチにできるよう頑張っています。

小林絵里

小林絵里
Eri Kobayashi

  • 製造部
  • 生産管理課
  • 課長代理
  • スター社員

実質生産管理女性責任者。
妻であり母でありながら弊社生産の全般を管理コントロールする。「女性の活躍なんていわれる前から頑張ってきた」その言葉が似あう社内好感度信頼度人気№1リーダー。納期の鬼と呼ばれるが、不思議と敵がいない。

その理由は・・・

キャリスタ就活2020のweb上に登載。
そのPRとして日本経済新聞の全面広告にも掲載。
弊社のイメージUPに大貢献!

ZERO1

ZERO1

  • 課長代理
  • 広報委員会副委員長
  • スター社員

動画編集能力、冊子デザイン・編集力に優れ、弊社50年詩や各種広告のデザインを担うクリエイター。

これからの時代を制する『環境管理』のプロ、フジコンの「環境大臣」である

若手勉強会
Young Study group

これまでの50年と、10年後の自分を想像する

  • 当社の50年間の歴史(部長、次長より)
  • 運営メンバー4人の「自身の考える10年後」を発表
  • 若手社員による10年後の自分を全員に発表
  • 懇親会

50年の歴史では、部署長2名より、技術面、工場の成り立ちなどをお話頂きました。
若手社員による10年後の自分では、個々の考えを聴く良い機会を得る事が出来ました。

フジコンの弱みと強み

  • 当社の50年間の歴史(部長、次長より)
  • 第一部 私の思うフジコンの強み・弱み
  • 第二部 その強み・弱みに対し、どうしていくのか?弱みを最小化 する為には?
  • 懇親会

1回目同様に部署長2名より、林取締役と営業より自社製品の歴史をお話頂きました。
1部の私の思うフジコンの強み・弱みでは、グループディスカッションを行い個々の意見をチーム形式で発表しました。
2部では、1部で出た内容で再度、グループディスカッションを行い、改善策を報告しあいました。

若手勉強会からの取組み

見えてきた課題

回の若手勉強会を通じ、見えてきた課題は4点ありました。

  • ①新人教育の強化
  • ②手書き帳票削減
  • ③危険な場所の改善
  • ④PDCAのスピードアップ

この4点に対して、勉強会参加メンバーにて取組み、自分たちで改善していく流れを構築させて頂きました。